過去のモンスターズとの比較

過去に発売された、「ドラゴンクエストモンスターズ」「ドラゴンクエストモンスターズ2
ドラゴンクエストモンスターズキャラバンハート」と「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」の比較。
「主人公」「主な特徴」「モデル作品」などで比較。

主人公

ドラゴンクエストモンスターズ

テリー(ドラゴンクエスト6に登場したキャラクター)

ドラゴンクエストモンスターズ2

ルカイル(オリジナルキャラクター)

ドラゴンクエストモンスターズキャラバンハート

キーファ(ドラゴンクエスト7に登場したキャラクター)

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー

ヒャザート?(オリジナルキャラクター)
※キャラクター紹介のページでは「プレイヤー」と表記されているため、今までの作品同様「名前はない」とも判断できる。
(公式サイトのいくつかのスクリーンショットでは「ヒャザート」の名前が使われてる)

主な特徴

ドラゴンクエストモンスターズ

  • モンスターの強化方法として「配合システム」を採用。
  • 冒険の手段として「旅の扉」が使われた。
  • 全10系統。

ドラゴンクエストモンスターズ2

  • モンスターの強化方法として「配合システム」を採用。
  • 冒険の手段として「不思議な鍵」が使われた。
  • 今作品では水系統が追加され全11系統になった。
  • 特定の条件を満たすと「テリーとお見合い(前作とのお見合い)」ができるようになる。

ドラゴンクエストモンスターズキャラバンハート

  • モンスターの強化方法として「転身システム」を採用。戦闘ではモンスターが仲間にならなくなった。
  • 冒険の手段として「通常のフィールドマップ」「オーブシステム」が使われた。ストーリーが章立てになった。
  • 系統が整理され全部で7系統になった。
  • キャラバン」という特異なシステムを採用している。
  • そのほかさまざまな変更点がある。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー

  • モンスターの強化方法として「配合システム」を採用。1つの組み合わせで最大3パターンの配合結果がある。
  • キャラバンハートの系統をベースに変更を加え全7系統になる模様。
  • スキルシステム」を採用。
  • ニンテンドーDSのWi-Fi通信を利用して全国のユーザーと交流が可能になる模様。
  • モンスター編成システム」を採用。戦闘用モンスター3匹と控えモンスター3匹の合計6匹をつれて冒険できる。
  • モンスターの交換が可能になった。ただし、Wi-Fiには対応していない模様。
  • お見合いシステムに関しての情報はまだない。(ジョーカーではできない?)

モデル作品

ドラゴンクエストモンスターズ・ドラゴンクエストモンスターズ2

主にドラゴンクエスト5をモデルとしている。

ドラゴンクエストモンスターズキャラバンハート

ドラゴンクエスト2とドラゴンクエスト7をモデルとしている。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー

主にドラゴンクエスト8をモデルとしている。